正しいサロンの選び方を学んで、輝くステキな笑顔に ホワイトニング.com

歯科ホワイトニングの方法

ライフスタイルで選べる歯科ホワイトニングの方法

歯科ホワイトニング
「3つの方法」をご紹介!

歯科医院でのホワイトニングと
自宅でできるホワイトニング
歯科ホワイトニングには、歯科医院で受ける「オフィスホワイトニング」、歯科医院の指導のもと、自宅でできる「ホームホワイトニング」があります。
その両方を併用する「デュアルホワイトニング」もあわせて、3つの方法があります。
自分に合った方法を選べます
歯科ホワイトニングでは、自分のライフスタイルや、希望する白さに合った方法を選べるんです。
  • オフィスホワイトニング

    icon

    歯科医師のもとで安全に短期間で歯を白くしたい!

    CHECK!

  • ホームホワイトニング

    icon

    自宅で気軽に自分のペースで希望の白さにしたい!

    CHECK!

  • デュアルホワイトニング

    icon

    効率よく歯ぐきとの境目まで自然な白さにしたい!

    CHECK!

オフィスホワイトニング

img

オフィスホワイトニングは歯科医院で行うホワイトニングです。
歯にホワイトニングジェルを塗って特殊な光をあてると、歯がきらきらと白くなります。
また、「歯科で行うオフィスホワイトニング」といっても、使用される薬剤は医院によって違うとか。ホワイトニング専門の歯科医院では、こだわって質の高いものを利用している場合が多いようです。また、専門の歯科医院では1回だけの施術で白くしてくれる場合もあります。

オフィスホワイトニングは
こんな方におすすめ!

  • 歯の専門家である歯科医師のもとで、
    安全な施術を受けたい
  • 短期間で歯を白くしたい
  • 着色がシマ模様などホームホワイトニングでは難しい着色の方

オフィスホワイトニングの流れ

1. クリーニングクリーニング

まず歯の状態をみます。必要があれば歯石取り等のクリーニングを行います。

2. 歯茎を保護歯茎を保護

薬剤を塗る前に歯茎を保護します。

3. 薬剤塗布薬剤塗布

薬剤を塗る前に歯茎を保護します。

4. 光を照射光を照射

口を開けたままにできる装置を噛んだ状態で、特殊な光を照射します。

5. 完了完了

歯が白くなります。

ここが気になる!オフィスホワイトニング

通院回数や所用時間は?
歯科医院によって、使用する機械も薬剤も違うので、
通院回数は1~複数回、所要時間もおよそ30分~2時間と様々です。
あともどりする事はある?
メインテナンスは必要?
オフィスホワイトニングでは、急激に歯を白くする事ができ、1回の施術後すぐに歯が白くなったことを実感できます。ただ、そのぶん、あともどり(ふたたび着色してしまうこと)もしやすくなっています。せっかく手に入れた白さを長持ちさせるためには、2週~1ヶ月に1回のペースで、2回3回繰り返すことが望ましいですが、通院回数は歯の状態や医院の判断によって様々です。
オフィスホワイトニングの
一般的な費用は?
2万~10万円ほどです。歯科医院によって、照射機や薬剤が違ったり、プランによっては複数回受けることを前提としていたりするので、様々に異なります。ホワイトニング専門の歯科の方が価格が低く抑えられているようです。

意外な落とし穴?
ホワイトニングの値段のカラクリ!

一般歯科とホワイトニング専門の歯科医院の違い

オフィスホワイトニングQ&A

Q. オフィスホワイトニングは
 「しみる」って本当?

施術中にしみる場合があります
オフィスホワイトニングは過酸化水素という強い漂白の薬剤を使用するため、まれに歯にしみて痛む場合があります。特に知覚過敏のある人などは、どうしても染みてしまう傾向にあります。
むし歯のような悪い痛みではありません
ホワイトニングをする時の痛みは歯を白くする時の痛みなので、むし歯などのように、悪い痛みではなく、ずっと続くものではありません。
しみるのが怖い方に
痛み止めを出す歯科医院も
以前ホワイトニングをしてしみた経験のある人や、知覚過敏でしみるのが怖い人など、痛みが不安な方には治療前に痛み止めを出している歯科医院もあります。痛み止めには、飲み薬や塗り薬があります。市販の頭痛薬などと同程度のものなので、副作用の心配もほとんどなく安心です。
しみるのが心配な方は、痛みへの対応も
やってくれる歯科医院に行きましょう!

どこがいいか見分ける方法は?歯科医院の選び方

Q. どれぐらい白くなるの?

医院により様々です
オフィスホワイトニングでは、急激に歯を白くすることができます。施術する医院や、使用する光をあてる機械、また個人個人で差はありますが、1回のオフィスホワイトニングではおよそ3〜5段階ほど白くすることができると言われています。

Q. どんな着色でも
  白くすることができるの?

縞や白い点のある着色も施術可能です

オフィスホワイトニングは歯科医院で歯科医師が行うので、様々な着色の症状に対応が可能です。ご自宅でご自身で行うホームホワイトニングでは難しい症状でも、ホワイトニングの経験豊富な歯科医師の手によって綺麗に白くする事ができます。
特にホワイトニング専門の歯科医院の場合、ホワイトニングの経験が豊富な医師が施術するので、縞状になっている着色や、白い点のある歯の着色など、難しい症例の施術も可能であることが多いです。
ただ、ホワイトニングの薬剤は天然歯にのみ有効で、詰め物や被せ物の部分には効果がありません。また、神経を取った歯を白くするには回数が必要です。

色々な着色の症状を見る

ホームホワイトニング

img

ホームホワイトニングは歯科医院での指導のもと、自宅で好きな時間にできるホワイトニングです。マウスピースに特殊な薬剤を入れて、1日2~8時間程の装着を、2週間から1ヶ月続けます。自分のペースでホワイトニングができるシステムです。 2回の通院が必要な場合が一般的ですが、院内でマウ スピースを作成しているホワイトニング専門の歯科医院などでは1回の通院でホームホワイトニングをはじめられることも。

ホームホワイトニングは
こんな方におすすめ!

  • 自宅で自分のペースで
    ホワイトニングをしたい
  • 後戻りしにくい白さを手に入れたい
  • 忙しくて歯科医院に何度も通うのが難しい

ホームホワイトニングの流れ

1. クリーニングクリーニング

まず歯の状態をみます。必要があれば歯石取り等のクリーニングを行います。

2. マウスピース
作成
マウスピース作成

マウスピースを作成します。お一人おひとりの歯型にぴったりのオーダーメイドです。

3. 歯科医院での
指導
歯科医院での指導

薬剤の効果的な塗布の仕方や注意点など、歯科医院からの説明を受けます。

4. ご自宅で
ホワイトニング
ご自宅でホワイトニング

ご自宅で、薬剤を塗布したマウスピースを装着して、ホームホワイトニングを行います。寝ている間にも行えます。

5. 完了完了

1日2〜8時間、2週間から1ヶ月ほどつづけると、白い歯が手に入ります。

ここが気になる!ホームホワイトニング

通院回数や所用時間は?
カウンセリングと検査を1回目の通院で行い、2回目の通院でマウスピースを受取りホワイトニングの説明を受け、自宅でホワイトニングを始めることになります。ホワイトニング専門の歯科医院など、院内でマウスピースを作成している場合は1回の通院で済むこともあります。
あともどりする事はある?
メインテナンスは必要?
ホームホワイトニングは、比較的後戻りしにくいですが、半年から数年に一度メンテナンスを行うと良いようです。マウスピースはずっと使えるので、薬剤を購入するだけでメンテナンスが可能です。
オフィスホワイトニングの
一般的な費用は?
2~4万円ほどです。ホワイトニング専門の歯科の方が価格が低く抑えられているようです。

意外な落とし穴?
ホワイトニングの値段のカラクリ!

一般歯科とホワイトニング専門の歯科医院の違い

ホームホワイトニングQ&A

Q. ホームホワイトニングはしみるの?

しみるという方もいます
ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングよりはしみにくいと言われています。ただ、それでもしみる方は多くいらっしゃいます。
むし歯のような悪い痛みではありません
ホワイトニングをする時の痛みは歯を白くする時の痛みなので、むし歯などのように、悪い痛みではなく、ずっと続くものではありません。
マウスピースに入れる痛み止めもあります
以前ホワイトニングをしてしみた経験のある人や、知覚過敏でしみるのが怖い人など痛みが不安な方には、痛み止めを出している歯科医院もあります。ホームホワイトニングのしみ止めには、マウスピースに入れるタイプもあります。
しみるのが心配な方は、痛みへの対応も
やってくれる歯科医院に行きましょう!

どこがいいか見分ける方法は?歯科医院の選び方

Q. どれぐらい白くなるの?

続けることで10段階ほど白くできます
個人差がありますが、早ければ、2〜3回の使用で1〜2段階歯が白くなると言われています。 2〜4週間で10段階ほど(自分や周囲にも白くなったとわかるくらい)白くすることもできます。オフィスホワイトニングと違い即効性がないため、歯科医院で正しく効果的な方法を教わって、きちんと続けることが大切です。

Q. どんな着色でも
  白くすることができるの?

白くするのが難しい場合もあります

ホームホワイトニングで白くするのは難しい場合もあります。(縞状の着色や、白い点のある歯の着色など均一でない着色)また、ホワイトニングの薬剤は天然歯にのみ有効で、詰め物や被せ物の部分には効果がありません。また、神経を取った歯を白くするには回数が必要です。

色々な着色の症状を見る

デュアルホワイトニング

  • img
  • img

「デュアル」とは二重という意味の言葉。「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2つを行うことを、デュアルホワイトニングといいます。それぞれの長所をいかして、より効果的にホワイトニングを行うことのできる方法です。費用対効果が一番高いホワイトニング方法と言われています。

デュアルホワイトニングは
こんな方におすすめ!

  • 輝く白さをできるかぎり長持ちさせたい
  • はやく白くしたい
  • 歯茎との境界まで白くしたい(※)

(※オフィスホワイトニングでは歯茎を保護する薬を塗るため、境界が白くなりません)

ホームホワイトニングの流れ

1. クリーニングクリーニング

まず歯の状態をみます。必要があれば歯石取り等のクリーニングを行います。

2. オフィス
ホワイトニング
オフィスホワイトニング

ご自宅でホームホワイトニングを始める前に、歯科でオフィスホワイトニングを行います。

3. マウスピース
作成
マウスピース作成

薬剤の効果的な塗布の仕方や注意点など、歯科医院からの説明を受けます。

4. 歯科医院での
指導
歯科医院での指導

ご自宅で、薬剤を塗布したマウスピースを装着して、ホームホワイトニングを行います。寝ている間にも行えます。

5. 完了完了

もっと白くしたい場合は追加でオフィスホワイトニングやホームホワイトニングを行います。

ここが気になる!デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは
どんな時におすすめ?
オフィスホワイトニングで白くした歯を、ホームホワイトニングで安定した白さにしたい時などにおすすめです!
併用ということは費用が高いの?
単に2つぶんの費用がかかる場合ばかりではなく、デュアルホワイトニングを扱っている歯科医院ではセット割引がある所もあるので確認してみましょう。