正しいサロンの選び方を学んで、輝くステキな笑顔に ホワイトニング.com

症状別のおすすめ施術

着色の症状から解決法を調べよう!

どんな症状でお悩みですか?

歯の着色には、生まれつきのものや食べ物による着色があります。全体の黄ばみ、白い点やしま状などのまだらな黄ばみなど、状態は様々です。お悩みに合わせた歯の色の改善方法をご紹介します。

歯全体の黄ばみ

目に見えて白くしたい方
目に見えて歯を白くしたい場合は、「生まれつきの歯の色」「食べ物の色が染み付いた着色」も白くできる歯科医院でのホワイトニングがおすすめです。

歯科医院でのホワイトニングの種類

少し白くなれば良い方
少しだけ歯が白くなれば良い場合は、「表面についたよごれの着色」を取ると良いでしょう。
表面についた汚れだけなら、エステでのホワイトニング、歯科医院でのホワイトニングどちらでも解消することができます。

「歯科」と「エステ」のホワイトニングの違い

歯のまだらな黄ばみ

白い点やシマが目立って気になる方
白い点やシマが目立つまだらな黄ばみは、均一に白くするのが難しいもの。ホワイトニング知識豊富な歯科医師に相談するのが安心です。
かえって悪化することも!?

下手にホワイトニングを行うと、白い点やシマがかえって目立つようになってしまうことも。歯科医院選びは慎重に行いましょう。

良い歯科医院の選び方

神経の無い歯の色

神経が無く灰色の歯…
差し歯にする前に!
神経が無い歯の色が気になるからと、差し歯を検討している方、その歯、もしかするとホワイトニングで白くできるかもしれません。神経が無い歯のホワイトニングは、効果が無いという歯科医師もいるほど難しい施術です。ホワイトニング専門の歯科医院なら、差し歯にしなくても白くしてくれるかもしれませんので、信頼できる歯科医院を見つけて、まずは相談してみましょう。

良い歯科医院の選び方

差し歯や詰め物の黄ばみ

差し歯が黄ばんできてしまった…!
白くできる?
差し歯や詰め物が黄ばんでる!これってホワイトニングできるの?そんな風にお悩みの方もいらっしゃいますよね。
ホワイトニングは天然の歯を白くするものなので、残念ながら、差し歯や詰め物は白くできません。
ただ、差し歯や詰め物の色が目立たないように全体を白くすることもできるので、歯を白くしたい方はあきらめずに歯科医院へ相談してみましょう。

良い歯科医院の選び方